飲食店の新しい集客法「スマホ集客」

こんなことで悩んでませんか?

とにかく新規客が来ない。

お店のこだわりを理解してもらえない。

グルメ検索サイトはライバルが多過ぎる。

クーポン情報誌に載せるとお客さんの質が…。

ブログやFacebookは、ぶっちゃけ面倒。

集客の問題もあるけど、求人が深刻な悩み。

 

 

 

例えば、駅前でビラやチラシを配っているお店や

大手のグルメ検索サイトに掲載しているお店はたくさんあります。

 

効果がないことはありませんが、最大のネックはライバルが多すぎることです。

当然、集客の効果はライバルが多ければ多いほど薄くなります。

 

 

クーポン情報誌も効果があるにはありますが、

ネックは広告費が高すぎて費用対効果が合わないことです。

 

しかも、これも当然なんですが、

クーポン情報誌を読む人はクーポン目当てのお客さんです。

 

ここだけの話ですが、正直、気分のいい営業は出来ませんよね。

ドリンクは注文しないし、注文少ないし、長居するし…。

 

 

 

こんな状態にスタッフの士気も下がります。

加えて、クーポン客の再来店はほとんど見込めません。

これでは何のための広告費なのでしょうか?

 

 

ブログやFacebookでお店の情報発信をすることは、

見込み客や既存客との親近感や信頼関係を築く上でとても重要なツールです。

 

 

 

…わかってはいるけど。

 

 

 

実際、毎日の拘束時間も長いし、

仕込みも掃除もいろいろとやることがたくさんあって、正直やる時間がない。

 

しかも、今さら読者数の多いブログや、

いいね数の多いFacebookページを運営している他の店に太刀打ちできるような

影響力を持つページを持つことは、相当の時間と根気を要します。

 

 

しかし、「スマートフォン集客」ならば、これらの悩みを一気に解決できます。

 

スマートフォン市場の状況

 

携帯電話からスマートフォンへ

パソコンからスマートフォンへ

 

 

2014年、スマートフォンの普及台数は昨年の6000万台から順調に伸び続け

「7612万台」になると予想されています。

 

 

今、爆発的に普及しつつあるスマートフォン市場。

その市場の広がりは同時に様々なビジネスチャンスを生み出しています。

 

そして、2013年後半から水面下で普及し始めブームが来るとされているのが、

「スマートフォンを利用した集客法」「スマートフォンを利用した売上アップ法」です。

 スマートフォンを使ったビジネスブームの本格的な幕開けです。

 

 

スマートフォン利用者の行動①

 

スマートフォンユーザーのウェブサイト閲覧時間は携帯ユーザーの約3倍

 

スマートフォンユーザーの平均的ウェブサイト閲覧時間は

1日当たり2時間49分で携帯ユーザーは58分という実態。

 

検索サイトを見ている時間が2番目に多い。

 

動画サイトを見ている時間が比較的多いことも注目すべき部分。

 

 

  

したがって、スマートフォンで閲覧することを前提とした

 

 

①検索エンジン集客

②ソーシャルメディア集客

③動画集客

 

 

 これらが重要になってきます。

 

スマートフォン利用者の行動②

スマートフォンでの検索頻度

68%がスマホで毎日検索すると回答

スマートフォンでの地域情報検索

91%がスマホで地域情報を検索したことがあると回答

スマートフォンでの商品やサービスを月1回以上購入

51%がスマホで商品やサービスを購入したことがあると回答

 

スマートフォン検索数の状況

 

例)ユーザーが東京で歯医者を探しているという想定。

 

キーワード「東京 歯医者」で検索をかけた場合。

 

・PCの月間検索ボリューム→9900

・スマホの月間検索ボリューム→8100

 

 

キーワード「矯正治療」で検索をかけた場合。

 

・PCの月間検索ボリューム→18100

・スマホの月間検索ボリューム→18100

 

 

ここで言えるのは、

「PCによる検索数とスマホ検索数はほぼ同じ」と言うことです。

 

 

では、飲食店のアクセス比率はどうなっているのでしょうか?

 

東京のような都心部ではなく、大阪や名古屋のような大都市ではなく

北関東の地方都市である、宇都宮のとある個人経営の飲食店のデータです。

任意で選択した、ある1か月間のアクセス数です。

 

 

スマホ・タブレット訪問割合は、全体の56.2%にも及びます。

つまり、飲食業界ではPC検索よりもスマホ検索の方が多いという

逆転現象が起こっているのです。

 

爆発的な集客を生み出せる条件とは?

集客を行う上で、最も成功確率が高く、また最も容易に成功できる方法は

何だと思いますか?

 

 

「右肩上がりで成長している市場」を使うこと

②それと同時に「ライバルが少ない市場」であること。

 

 

この2つの条件を満たしている市場は、圧倒的に成功確率が高くなります。

 

 

ただ、そんないわゆる「ブルーオーシャン市場(競合相手のいない市場)」

を見つけることは容易ではありません。

 

 

ですが…。今、その市場があなたの目の前に開けているとしたら…。

そうなんです。それが「スマートフォン集客市場」です。

 

 

今、スマートフォンの台数が右肩上がりで想像以上のスピードで伸びています。

そんなわけで、ネット集客に目ざとい企業の多くが「スマートフォンでの集客」に注目しています。

 

 

しかしながら、まだまだ多くの企業が「スマートフォン集客」を実践できていません。

(スマートフォン専用のサイトを持っている企業は、全体の20%にも満たないと言われています。)集客ノウハウも確立されていない状況です。

 

 

まさに今、「スマートフォン集客市場」は

「成長分野」で「ライバルが少ない&弱い」という条件を満たす、稀な市場であると言えます。

 

 

この状況を、飲食業であるあなたはどのように捉えるでしょうか?

 「スマートフォン集客法」は飲食店にとってまさにドンピシャにマッチする方法です。

 

 

何故なら、飲食店を探すユーザーは、外出中に街を歩きながらスマートフォンを使って検索しますし

家の中でさえ、肌身離さず携帯し、調べたいお店があったらスマートフォンを使用します。

 

 

さらに、「スマートフォン集客法」を実践している飲食店はほとんどありません。

つまり、ライバルが居ないのです。

 

 

そんな「右肩上がりで成長している市場」を使い、それと同様に「ライバルが少ない市場」をいう

2つの条件を満たす、非常に稀な状況をフル活用した「スマホ集客法」を用いて、御社の抱えているお悩みを解決し御社の売上を一気に引き上げるお手伝いをいたします。

 

 

「具体的にはどうすればいいのか?」「新規客の取り込みに困っているので一度アドバイスをしてほしい」という方のために、スマホ集客無料相談を実施しております。初回のみ無料でアドバイスをいたします。是非ご利用ください。

 

 

 

 

今すぐ無料相談を申し込む。

メモ: * は入力必須項目です

宇都宮の無料ホームページ制作会社ハッスルウェブ

コンサルタント紹介

代表 東 善宜

一般社団法人

日本スマートフォンマーケティング

協会認定コンサルタント

 

一般社団法人

日本飲食店パートナー協会

コンテンツパートナー

AMCコンサルティング

【業務内容】

・スマホ集客コンサル

・スマホサイト制作

・PPC広告運用代行

・集客代行

・セミナー運営

 

代表 東 善宜 

Yoshinobu Azuma

 

【所在地】

栃木県宇都宮市御幸ヶ原町

146-68

 

 

お問い合わせ随時受付中

 

対象地域

対面相談:栃木県宇都宮市内

スカイプor電話相談:全国

 

 

 

お気軽にご相談ください